ハワイで日焼け止めクリームが禁止!規制法が成立で飲む日焼け止めサプリで代用?

日本人が大好きなハワイで、ちょっとビックリするような法律が成立しました。

それは、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めクリームを禁止する法案で、紫外線カット成分のオキシベンゾンとオクチノキサートが含まれる市販の日焼け止めの販売や流通を禁止するというものです。

オキシベンゾンとオクチノキサートは、日焼け止めクリームに使われている安全で効果的な2つの成分なので、これが禁止されるとなると、飲む日焼け止めサプリなんかで代用するしかないかもしれません。

飲む日焼け止めサプリといえば、明石家さんまトークバラエティ番組「ほんまでっかTV」でも取り上げられて大ブレークした「ヘリオケア」シリーズなんかが有名です。

そのヘリオケアシリーズで人気なのがヘリオケアウルトラDカプセルです。

とはいえ、飲む日焼け止めサプリだけでは完全に日焼け止めクリームの代替となるかは怪しいので、オキシベンゾンとオクチノキサートの成分を使わない有効的な日焼け止めクリームの開発が急務だと思います。

これはビジネスチャンスではありますが、この流れが全世界に広がっていくとなると、日焼け止めクリームを製造しているメーカーは悩ましいですね。